勝率アップ!オンラインカジノの専門用語を徹底解説!

オンラインカジノ

オンカジの専門用語を徹底解説!

 

最近では日本語完全対応のオンラインカジノも増えてきましたが、それでもまだまだ日本人はオンカジに不慣れです。

 

たとえばオンカジで遊んでいる時や、オンカジについて何かを調べている際に、「これってどう意味?」というようにわからない言葉が出てきた経験はないでしょうか?

 

オンラインカジノには専門用語があるため、その意味を知ればもっとカジノコンテンツを楽しめるはずです。

 

そこでこの記事では、オンカジの様々な専門用語を徹底解説していきます。

 

ボーナスに関する専門用語

オンラインカジノでは、様々なボーナスを提供しています。また、専門用語を理解しておけば、各条件等をしっかりと理解することが可能です。

 

ここでは、ボーナスに関する専門用語をご紹介していきます。

 

プロモーション

『プロモーション』とは、オンカジが提供するイベントや催しといったすべての購入促進事業です。

 

また、ボーナスのオファーは勿論、キャッシュバックのオファー、トーナメントや各種イベントなど、これらすべてはプロモーションの一種に該当します。

 

入金不要ボーナス(登録ボーナス)

『入金不要ボーナス(登録ボーナス)』とは、その名の通り、入金を行わなくともアカウントの登録を行うだけで受け取ることができるボーナスです。

 

入金がいらないためノーリスクで取得し、カジノゲームで遊ぶことが可能となります。

 

ただし、出金を行う場合は出金条件が設定されていたり、場合によっては受け取ったボーナスの同額の入金が必要などといったケースもあるため確認が必要です。

 

入金ボーナス

『入金ボーナス』とは、入金額に応じて付与されるボーナスです。

 

入金ボーナスは、それぞれのオンカジが設定する反映率によって受け取ることができるボーナス額が異なってきます。

 

たとえば「ベラジョンカジノ」では、入金額の100%(上限500ドル)の入金ボーナスを提供しているため、この条件で500ドルの入金を行った場合には、その100%である500ドルのボーナスが付与されることとなります。

 

ただし、入金ボーナスは複数回受け取ることが可能なケースもあり、一度に多額の入金を行うよりも、複数回に分けた方が大量のボーナスを取得できる場合もあります。

 

よって、より効率よくクレジットを獲得するためにも、ボーナスの規約をしっかりと確認した上で入金は行っていきましょう。

 

フリースピンボーナス

『フリースピンボーナス』とは、スロットを無料で回すことが可能となる「フリースピン」が付与されるプロモーションです。

 

フリースピンボーナスは入金不要で獲得できるケースもありますが、多くの場合では入金を行った際に付与されるケースがほとんどです。

 

たとえばベラジョンカジノでは、3回目の入金時に10ドル以上の入金を行うだけで5ドル分のフリースピンが10日連続で獲得することが可能となっています。

 

出金条件(賭け条件)

オンラインカジノが提供するプロモーションの多くには、『出金条件(賭け条件)』が付随しています。

 

出金条件とはその名の通り、ボーナスを受け取ったあとに出金を行うことが可能となる条件です。

 

通常、ボーナスを受け取った場合は、この出金条件をクリアできなくては仮に勝利金を手にしたとしても出金を行うことはできない仕様となっています。

 

たとえば、「ベラジョンカジノ」の出金条件は20倍であるため、仮に500ドルのボーナスを受け取った場合には、その20倍にあたる10,000ドル分カジノゲームで遊ばなくては出金ができません。

 

ボーナスは多くのチャンスを広げてくれますが、一方で出金条件が厳しいボーナスを獲得すると条件の消化が難しく、「いつまでたっても勝利金が引き出せない」という状況になる可能性もあるため注意が必要です。

 

カジノゲームに関する専門用語

カジノゲームの専門用語を知っておけば、ゲームの遊び方や機種説明などを確認する際に困ることがなくなります。

 

ここでは、カジノゲームに関する専門用語をご紹介していきます。

 

スロットゲーム

オンカジの中で、最も種類が豊富にあるのが『スロットゲーム』です。

 

オンラインカジノのスロットゲームは、日本にあるパチスロのように目押しが必要となるわけではありません。

 

賭け金を調整しベット、これだけで臨場感あふれるビデオスロットを楽しむことが可能となっています。

 

しかも、スロットゲームは一撃性も秘めているカジノゲームであり、過去には日本人ユーザーが「ワイルドジャングルカジノ」のスロットゲームにて1,582,099ドル(約1億2,700万円)ものジャックポットを出したことで大きな話題を呼びました。

 

誰でも気軽に楽しめ、尚且つドキドキ感も体験できるのがオンカジのスロットゲームです。

 

ライブカジノ(ライブゲーム)

『ライブカジノ(ライブゲーム)』とは、本物のディーラーとライブ中継を通して対戦できるカジノゲームです。

 

たとえば、ライブカジノでブラックジャックをプレイすれば、ディーラーとリアルタイムで勝負することができます。

 

まるで本当にカジノでギャンブルをしているような体験ができるライブカジノは、オンラインカジノのコンテンツの中でもひと際高い人気を誇っています。

 

テーブルゲーム

オンラインカジノでいう『テーブルゲーム』とは、ブラックジャックやバカラ、ポーカー等、テーブルを使って行うカジノゲームのことを指します。

 

バカラ

『バカラ』とは、「バンカー」と「プレイヤー」という2つの仮想プレイヤーが対戦し、それぞれに配られるカードで、合計数の1桁の数字が9に近い方を予想するゲームとなります。

 

また、バンカーとプレイヤーとはあくまで仮想プレイヤーの名称であるため、ベットするユーザーはバンカーにもプレイヤーにも賭けることが可能です。

 

日本ではあまり馴染みのないゲームですが、バカラは世界的に非常に人気のあるカードゲームです。

 

ブラックジャック

『ブラックジャック』は、日本でもおなじみのカードゲームです。

 

カードの合計点数が21に近い方が勝ちというシンプルなルールではありますが、戦略の幅が広く、「カウンティング」などの攻略法も多数存在しています。

 

また、カジノゲームの中でも戦略次第で回収率を上昇させやすいゲームであるため、ベテランユーザーからも好まれやすい特徴を持っています。

 

ルーレット

『ルーレット』とは、0から36までの数字のポケットがある回転盤(ルーレット)にボールを投げ入れ、どの数字(色)のポケットに入るかを予想するカジノゲームです。

 

ルーレットの一番の魅力は、ルールがシンプルでいて、且つ様々な賭け方を楽しめる点です。

 

たとえば、赤or黒の賭け方では堅実に約50%の勝率を狙うこともできますし、数字の1点張りでは36倍という高倍率を狙うことも可能となっています。

 

また、ルーレットは独立事象であるため、マーチンゲール法などの攻略法が試しやすいという側面も持っています。

 

ポーカー

『ポーカー』とは、5枚の札でハンド(役、手役)を作って役の強さを競うカードゲームです。

 

ただし、オンラインカジノのポーカーは、配られた本人以外はカードが分からない状態(クローズド)でゲームが進む「ドローポーカー」や、参加者全員のカードの一部が見える状態(オープン)でゲームが進む「スタッドポーカー」、コミュニティカードに置かれる5枚のカードとプレイヤーにそれぞれ配られる2枚のカードで役を作る「ホールデムポーカー」など、システムやゲーム性が若干異なってくるものもあります。

 

ですので、プレイする前には一度ルール等を確認しておくことを推奨します。

 

ビデオポーカー

『ビデオポーカー』とは、ライブカジノのようにリアルタイムでディーラーと対戦するのではなく、ゲーム内でプレイするポーカーです。

 

ビデオポーカーは基本的に一人でプレイするため、他のプレイヤーとの駆け引き等も不要であり、気軽に遊ぶことができます。

 

また、シンプルに役を作れば配当を獲得することが可能であり、そのほかにもダブルアップ機能など、ビデオポーカーでしか体験できないゲーム要素も存在します。

 

入出金(ペイメント)に関連する専門用語

現金で遊ぶオンカジは、入出金(ペイメント)が必須です。

 

ここでは、そんな入出金(ペイメント)に関する専門用語をご紹介していきます。

 

エコペイズ

現在、オンラインカジノの主流の入出金方法として最も導入されているのが『エコペイズ(ecoPayz)』です。

 

以前までオンラインカジノのメインの決済方法は「ネッテラー(Neteller)」でしたが、エコペイズはそれに代わる入出金方法として活躍してきました。

 

ですが、2018年8月をもって日本国内でecoカードの利用ができなくなり、一部では「エコペイズも日本ではいずれ完全に利用停止になるのでは?」と危惧されています。

 

先行きは不透明ではありますが、別のオンライン決済サービスで代替利用しておくとリスクヘッジになるためおすすめです。

 

ヴィーナスポイント

『ヴィーナスポイント(VenusPoint)』は、エコペイズには及びませんが、ここ数年で導入しているオンラインカジノが急増している決済サービスです。

 

ヴィーナスポイントでは1ドル1ポイントで換金することが可能であり、また安価な手数料で換金できるためカジノユーザーからの支持が高いです。

 

ただし、ヴィーナスポイントはクレジットカードからアカウントへ直接入金することは不可能であるため、最初にオンラインカジノに入金を行う場合は、カジノの口座へ別途入金を行わなくてはいけません。

 

アイウォレット

『アイウォレット (iWallet)』は、オンラインカジノは勿論、ネット上のショッピングなどでも利用できる電子決済サービスです。

 

また、アイウォレットカードを使うことでキャッシュを引出すことができるという大きなメリットもあります。

 

ただしアイウォレットも、エコペイズほど導入しているオンラインカジノは多くありません。

 

よって、もしアイウォレットを利用したい場合は、予めアイウォレットを採用しているサイトかを確認した上でアカウントの登録を行いましょう。

 

賭け金(ベット)に関連する専門用語

 

ベット

カジノゲームでお金を賭けることを『ベット』といいます。

 

ペイアウト率(還元率)

『ペイアウト率(還元率)』とは、カジノゲームをプレイする上でどの程度の払い戻しが得られるかという数値となります。

 

たとえば、90%のペイアウト率のゲームで10,000円分遊んだ場合、理論上返ってくるのは10,000円の90%にあたる9,000円ということです。

 

ペイアウト率が高いほどユーザーにとっては有利に働くこととなります。

 

ハウスエッジ(控除率)

『ハウスエッジ(控除率)』とは、簡単にいうとハウス(胴元)の取り分です。

 

ペイアウト率はユーザー側の取り分を表しますが、ハウスエッジは胴元の取り分を表すため、ハウスエッジが低い方がユーザーにとっては有利に働きます。

 

また、バカラやルーレットの赤と黒など、勝率が約50%のカジノゲームはハウスエッジがないと勘違いする方もいらっしゃいますが、決してそのようなことはありません。

 

たとえば、ルーレットでは1~36の数字に加えて緑色の0(アメリカンルーレットだと0と00)が入るため、正確には勝率は50%にはならず、ここにハウスエッジが設けられているのです。

 

バカラに関しても、プレイヤーに賭けた際には1.24%、プレイヤーに賭けた場合は1.05%、タイに賭けた場合は14.32%のハウスエッジがかかってきます。

 

そのため、もしバカラでプレイする場合は、ハウスエッジだけを考慮するとプレイヤーに賭けることが最も効率のいいベット方法となります。

→オンラインカジノおすすめサイトはこちら←

 

コメント

  1. […] 勝率アップ!オンラインカジノの専門用語を徹底解説! […]

タイトルとURLをコピーしました