オンラインカジノ詐欺の手口が巧妙すぎる!悪質カジノはどれ?見分けるコツは?

オンラインカジノ

近年オンラインカジノの人気も高まってきており、それに伴い詐欺の件数も増えてきています。

「オンラインシカジノって悪質な業者がいるの?」「詐欺とか大丈夫なの?」などオンラインカジノに興味はあるものの危険性を心配する方は多いのではないでしょうか?

 

正しく運営されているオンラインカジノサイトを使うことで、詐欺に遭う確率を下げてオンラインカジノを楽しむことができます。

 

今回の記事では悪質カジノの特徴と事例、そして詐欺に騙されないポイントをわかりやすく紹介していきます。

楽しいオンカジライフを送るためにも、初心者の方だけでなく、既にオンラインカジノでプレイしている方全員に読んでいただきたい内容となっています。

 

まず結論として、悪質カジノを見分けるコツを紹介しておきます。

 

・ライセンスを取得しているか
・日本に所在地・サーバーがないか

・第三者の監査があるか
・口コミが明らかに悪すぎないか

・その他(日本人向けに作られていないか)

 

こちらのコツを前提として悪質サイトの実態に迫っていきたいと思います。

 

詐欺はあるのか?

そもそもオンラインカジノ自体は違法ではありません。

 

なお日本ではオンラインカジノについての細かな法律が存在しませんが、賭博についての法律が存在し、日本国内でお金を賭ける行為や場所の提供が禁止されています(賭博罪)。

つまり、日本国内で運営されるオンラインカジノは違法となりますが、日本国内にいながら海外で運営されているオンラインカジノで遊ぶことは合法であり、賭博罪は適用されません。

私たちがオンラインカジノで遊ぶ際には、「海外で運営されているサイトか?」を確認して遊ぶ必要があります。

 

また海外で運営されているカジノ業者の中には正しく運営している業者もいれば、残念ながらこれから紹介していくような悪徳業者も存在しています。

不正な運営によって儲けようとする悪質極まりないカジノ業者の特徴を説明していきますので、もし自分で使っているカジノに特徴が当てはまるようならすぐに利用を控えた方が良いでしょう。

 

詐欺の特徴

オンラインカジノの詐欺業者の特徴を挙げていきます。

 

①出金できない

最も多いオンラインカジノ詐欺は、勝った利益が出金できないという出金トラブルです。

ネット上でも出金できないというトラブルが絶えないようで、中には1,000万近いお金を失ってしまった方もいるようです。

 

悪質業者では以下のように出金トラブルが起こることが多いです。

 

・出金されるが、出金に時間がかかる(遅れる)

・そもそも出金されない

・アカウントが作為的に凍結される(凍結すると出金は不可能)

・サイト自体が凍結し、逃げられる

 

悪質業者は入金分を引き出せないように、あの手この手で出金を阻止してきます。

誤って入金をしてしまった場合は、大切な自分のお金ですので、諦めずに連絡を送り続け、消費者生活センターに相談しましょう。

 

②サポート体制が整っておらず、対応が遅い

悪質カジノは初めからお金を騙し盗ろうとしているため、運営側の対応も悪いです。

例えば以下のようなトラブルが起こっています。

 

・サポート対応が遅すぎる

・対応されても待たされる

・運営側へ連絡がつかない(対応されない)

・サイトへアクセスできなくなる

 

悪質カジノ側は消費者やユーザーの疑問や不安を解決せずに、中途半端な対応をします。

そしてユーザーの待ち時間を長くして、諦めてくれるように仕向け、最悪のケースでは突然「夜逃げ」のように顧客資金を持って逃げることもありえます。

 

③勝率が調整され、虚偽の情報を載せている

悪質カジノでは、サイト内に詐欺まがいの記載がされ、運営自体が不正に行われる可能性が高いです。

 

例として

・ボーナスの情報が虚偽、提示条件と明らかに異なる

・ボーナス獲得の抽選が平等に行われず、作為的に選ばれている

・イカサマが多いシステムを採用している

・バグが多いサイトを使用している

・利用規約を後から付け加える

・運営側の情報(所在地など)が虚偽、または記載されていない

・ライセンスを取得していないのに取得済みと記載する

 

運営の体質からして騙すことを前提としているので、ユーザーの不利益になるようなことばかり行われます。

 

 

過去に詐欺のあったカジノ名

悪質業者の特徴を見ると「こんなカジノなんかで遊ぶ訳がない!」と思う方は多いと思いますが、実際に詐欺事件が起こり、被害者も出ています。

 

ここでは過去に詐欺のあった2件のカジノ事件の概要を、問題点を踏まえて紹介していきます。

 

①ドリームカジノ

無店舗型のオンラインカジノの運営者が5名逮捕された国内初の事件です。

 

“インターネットの賭博サイト(オンラインカジノ)を運営したとして常習賭博の罪などに問われた会社役員(39)=大阪市中央区=ら3人の判決が14日、京都地裁であり、齋藤正人裁判官は会社役員に懲役3年、執行猶予4年、約750万円の没収(求刑懲役3年、約750万円の没収)、従業員などの男2人にそれぞれ懲役1年6月、執行猶予3年(求刑それぞれ懲役1年6月)を言い渡した。

判決によると、会社役員らは、2013年12月~16年3月、国内の不特定多数の客に自宅などから「ドリームカジノ」といわれるサイトに接続させ、ポーカーで賭博するなどした。”

 

会員数は約9,500人、賭け金の総額は約19億2,600万円にものぼり、被害者も多く出していたため、返金はされたものの京都地検で有罪となりました。

「カジノが合法なオランダ領キュラソー島で営業許可を受けたとサイト上で記載していたが、日本人向けのみで展開し、サポートも日本語のみであった」ことが怪しいと判断した材料であると後に警察が発表しています。

この事件で問題であったのが、「日本国内で運営していた」ことです。

 

Point)日本語のみで展開しているテーブルやサイトは使用しない

 

②お台場カジノ(odaiba cajino)

(カジノwinners clubより引用)

 

お台場カジノは日本語対応で人気のあったオンラインカジノですが、2009年に突然閉鎖をし、現在までサイト内のお金は未払いのままになっているカジノです。

 

段階的に出金させないようトラブルなどを理由に出金を引き延ばし、最終的にユーザーの資金を持ち逃げした許されない事例です。

2009年の初旬にお台場カジノ内ではシステム障害による遅れと説明をして、出金が遅れ始めました。

中旬にはサイトをリニューアルしたものの、ログインができなくなる不具合が起こりました。

サポートはシステム障害と説明していましたが、とうとう2009年末にはサポートにも繋がらなくなり、サイト内の現金が未払いのまま、運営自体が姿を消しました。

経営状態が悪化し、ユーザーへの支払いができなくなって夜逃げをしたと言われています。

 

Point)実績の少ないカジノサイトを使う場合、入金額は少なくし、出金が遅れ始めたら必ず対処をしましょう。

 

詐欺のないカジノを選ぶポイント

ここまで詐欺の手口や特徴について実例を踏まえて紹介してきました。

では世界に2,000以上あるオンラインカジノサイトで詐欺に遭わないようにするためには、何に気をつければ良いのでしょうか。

以下の3点に気をつけて優良サイトを選びましょう。

 

①ライセンスの有無

一番はライセンスを取得しているかどうかが重要です。

ライセンスの取得には審査が必要で、詐欺やイカサマを行うオンラインカジノは取得ができないようになっており、審査後もチェックが行われますので最初に確認する必要があるでしょう。

サイト内で探すとほとんどの場合ライセンスの確認ができます。

例えばベラジョンカジノの公式ホームページのサイト下部を見ると、以下のように表記されています。

“Breckenridge Curaçao B.V.はキュラソー州知事により発行されたMaster Gaming License #1668/JAZに基づくCEG Curaçao Egaming により付与されたサブライセンスを通して、正式に認可されています。”

 

つまり、ベラジョンカジノは、キュラソー政府公認のライセンスを取得しています。(以前はマルタ共和国のライセンスでした。)

キュラソーライセンスは1990年代から存在している、業界内でも歴史のあるライセンスで、信頼性も高いです。

つまり、ライセンスを取得できているベラジョンカジノは不正を行なっておらず安心してプレイできることが証明されており、信頼できるカジノであると言えるでしょう。

 

②日本に所在地・サーバーがないか

運営元が日本だと違法となってしまいますので、ドリームカジノのような日本で運営している違法カジノでないか、運営会社とサーバーの所在地を確認する必要があります。

 

運営会社を日本名で法人登記は出来なくなっていますので、基本的に運営会社が日本名でなく、運営会社が日本以外であるか?という条件はクリアしていることが多いです。

 

例えばベラジョンカジノの公式サイトを見ると、運営会社はオランダ領キュラソー島にある会社、サーバーはアメリカのアリゾナ州に存在していることがわかります。

つまり、ベラジョンカジノは運営会社や所在も日本国内にはないため、プレイしても問題ないということです。

 

③第三者の監査があるか

運営会社の他にも仲介の立ち位置にいる会社やシステムが存在しているか、なども重要です。

運営体制がカジノ運営側とユーザーとの2者間のやりとりのみだと、私たちユーザーが運営会社側の不正の有無を確認する術がありません。

なので、運営会社の他にカジノ運営会社が不正をしていないか監視する第三者的な立ち位置の会社が必要になります。

例えばベラジョンカジノの場合は、ゲーム運営の会社を分けており、不正監視システムも導入しています。

 

基本的にオンラインカジノの運営会社は、ゲーム配信会社が提供するゲームをユーザーへ提供する、という立ち位置にいます。

オンラインカジノで遊べるゲームはゲーム配信会社が運営を行っており、ベラジョンカジノを始めとしたオンラインカジノ運営側はゲームの開発・運営には関われないため、ゲームを操作して不正を働くことができません。

 

またベラジョンカジノは会社の他にシステムを導入することで不正を防止しています。

ランダムナンバージェネレーター(RNG)と呼ばれる乱数発生器が導入されており、ランダムに結果が出力されるようになっています。

その結果、ゲームの結果をカジノ側に干渉されることなく、ランダムにゲームが進むようになっています。

 

なおシステム自体も正しく働き、カジノ側も全く干渉出来なくなっていることがライセンスの審査時に細かく調査されるため、安心して遊ぶことができます。

 

④口コミ

案外大切なのが口コミです。

オンラインカジノもユーザーありきの商売なので、不正をして「あのカジノは悪質である」とユーザーからの口コミが多くなってしまうと、ユーザーが離れていき運営が出来なくなってしまいます。よってカジノ側は不正をしても得られる利益が少なくなってしまいます。

 

つまり信頼できるカジノサイトは不正をすることの方がリスクになるため、不正を行いません。

口コミはそれぞれ個人の感想になるため、悪い口コミがゼロであるというのは難しいですが、あまりにも悪すぎる口コミばかりだと、利用はやめておいた方が無難でしょう。

 

・ユーザー数が多いか?

・利用者で出金できていない人が多すぎないか?(ユーザーの手違いではない場合)

・サイトがサーバーダウンしがちではないか?

などを踏まえて口コミを見てみるのも一つの手です。

 

ベラジョンカジノは最近テレビCMを流してメディアにも力を入れており、口コミでも「他のサイトを使っていたが、安心感を求めて大手であるベラジョンに戻ってきた」などの出戻りユーザーの声も見受けられますので、こういったメディアの面でも判断材料とするのもいいでしょう。

 

⑤その他

他にも

・サポートが日本語対応のみ

・明らかに日本時間に合わせてカジノが開場している

・日本人のディーラーのみ見受けられる

など明らかに日本人向けのサイトであると、違法となる可能性が高いので使用はやめておきましょう。

 

まとめ

今回は悪質カジノについて特徴と実例を交えて解説していきました。

基本的に悪質カジノは出金させないようにあの手この手で阻止してきますので、悪質カジノで遊んでお金を失くす前に、ライセンスやシステム導入の有無と運営会社、サーバーの所在地を確認することをおススメします。

→オンラインカジノおすすめサイトはこちら←

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました