オンラインカジノのシステムベットの攻略法とメリット・デメリットを一挙解説!

オンラインカジノ

皆さんはカジノをする上でベット方法の工夫をしていますか?

ベットのやり方を少し変えるだけで、オンラインカジノをプレイする時の勝率も大きく変わってきます。

ベット方法はかなり重要度が高いため、今回はベット方法について解説していきます。

 

この記事を読むと、ベット方法とそのメリット、デメリットが理解でき、効率良くゲームを進めることができるので、初心者の方こそ是非読んでみてください。

 

システムベットとは

まずシステムベットについて簡単に説明します。

カジノで遊ぶ際にチップを賭けて遊ぶのですが、システムベットは予め決めておいた計算方法に従って賭け金を決めていくというものです。

ちなみに前回の勝ち負けに関係なく、一定に資金を賭けていくことを「フラットベット」と言います。

 

システムベットのメリット

それではシステムベットのメリットについて解説していきます。

システムベットの性質を理解しておくことで、ゲームをより良く進めることができるので、方法よりも先に理解しておきましょう。

メリットは様々ですが、ここでは大きく3点を挙げていきます。

 

冷静にゲームが進められる

システムベットを行う上での1番の利点は「冷静にゲームが進められる」ことでしょう。

カジノで負けてしまう原因として、戦略がないこと、設定したルールを守れないこと、欲を出してしまうことが挙げられます。

オンラインカジノで勝つことにフォーカスすると、勝つためにはただのゲームという認識ではなく、作業のように冷静にゲームを進める必要があります。

熱中しすぎたり焦ったりしてしまうと感情がぶれて正常な判断ができずに、本来ならやらない賭け方をしてしまい、自己資金を大幅に減らすようなことになりかねません。

そこで強力な力を発揮するのがシステムベットです。

一定のシステムを予め決めておくため、余計な感情を入れずに次の手をどんな手にするか考えることなく賭けることが可能です。

 

勝つためには、完全に1回も負けることなく勝つのではなく「総合的にプラスにする」を意識しておく必要があります。

次は負けるかもしれないと考えずに、次負けても総合的にプラスにするためにはどうすれば良いか、と考えるようにして戦略を立てましょう。

 

勝率を上げられる

システムベットの利点の1つは「勝率を上げられる」ことです。

システムベットは勝ち負けに応じて予め決めてあるルールに基づいて資金を調節して賭けていくため、もし負けていてもシステムベットが成立すれば、勝ちでゲームが終われるようになっています。

 

フラットベットでは、ゲームを10回行う際には最低5勝以上しないと勝ちで終われません。

しかしシステムベットでは選ぶベット方法によって、10回中たった1,2回勝てば総合的にプラスになる方法もあります。

少しでも勝ってゲームが終われる確率を上げられるシステムベットの採用をおすすめします。

 

色々な賭け方が可能となる

メリットの最後の1つは「色々な賭け方が可能となる」ことです。

システムベットには様々な種類があり、自分に合った方法やカジノのジャンルに合わせて有利なシステムベット方法に変えることができます。

 

ゲームを進めていくと様々な場面での対応が求められます。

「このゲームの流れは良さそうだから少し多く賭けてみよう」、「少し調子が悪いから賭け金を減らそう」など自分なりに作戦を立てておくことでオンラインカジノを上手くプレイすることができます。

オンラインカジノである程度遊んでいると、全く同じゲームの流れはないものの、似たようなパターンが出てきます。

その時に「これは前も同じ様なゲームがあったから、勝てそうなので少し賭け金をあげよう」などと自分なりの経験に基づいた対応ができるようになってきます。

 

この経験則を作っていく上で、実戦での経験が不可欠です。

ルールを仮定し、検証して勝率が高いことが分かれば実際のカジノゲームに取り入れて、自分に合うかどうかを判断していくことが多いです。

しかし初心者の頃はどのようにルールを設定していけばいいのか分からず、闇雲にベットして資金を減らしてしまいがちです。

そこでシステムベットを取り入れることで、最初からルールが決められており検証もされている方法なので、自分に合うかどうかを見分けるだけで簡単に経験則を作っていくことができます。

 

システムベットのデメリット

次にシステムベットのデメリットを説明します。

大きく3点あるので、確認しておきましょう。

 

柔軟な対応ができない

システムベットの利点で「色々な対応ができる」ことを説明しましたが、表裏一体で「柔軟な対応ができない」ことがデメリットとして挙げられます。

流れが悪いのに、無理やり採用したシステムベットをやり続ける、といったルールに縛られすぎて柔軟に対応ができない可能性もあります。

ルールがしっかりと設定されているからこそ、柔軟に変えることができないのはデメリットでないでしょうか。

 

失敗や不適切な対応をすると資金が大きく減る可能性がある

システムベットのデメリットとして挙げられる中で1番怖いのは負け続けると「資金が大きく減ってしまう可能性がある」ことです。

特に負けている時には、冷静に判断できずにシステムベットではなく急に自己裁量でベットしてしまうことも有りえます。

本来ならシステムベットで次の1回は勝っていたものの自己流でベットした結果、負けて損失が増大する、といったことが起こりかねません。

不適切な対応をしてしまい、資金が減って一発退場にならないように気をつけましょう。

 

ただマーチンゲール法では賭け金を倍賭けしていくので、システムベットを採用し、負け続けると大きく資金を減らしてしまう可能性もあります。

 

ボーナスの出金条件に不利になることも

オンラインカジノではボーナスが用意されており、特にベラジョンカジノでは様々なボーナスがありますが、受け取った際には出金するための条件を満たしておく必要があります。

出金条件の中でシステムベットによって不利となる条件が「1回の賭け金上限が設定されている」ことです。

 

システムベットの採用する種類にもよりますが、一般的に賭け金が大きくなることが多いです。

ベラジョンカジノではボーナスを使う際の賭け金は「スロットなどは6.25ドル、テーブルゲームは25ドルまで」と設定されています。

 

ボーナスを出金したい方にとってはゲームに使用できるシステムベットの種類は限られてきますので、注意しましょう。

 

システムベットの攻略法

ここではデメリットを踏まえてシステムベットをより有効に使うために攻略法を挙げていきます。

システムベットを攻略するために取り入れてみましょう。

 

損切りや利確ラインを決める

システムベットの欠点として「損失が増大する可能性がある」ため、損切りや利確ラインを決めておくことで前もって損失が増大することを回避できます。

 

自分の設定した損切りラインをしっかりと守ることが資金を必要以上に減らすことを防ぎます。

また利益確定ラインも決めておくことで、勝っている場合に「もっと勝てるかもしれない」と思って自分の欲を制御できずにゲームを続けてしまい、逆に負けてしまうことを防げます。

 

一般的に損切りラインは自分の資金の10〜20%、利益確定ラインは5〜15%が多いですが、自分の勝率や戦略によって変えていきましょう。

 

運営に機械と判断されないように遊ぶ

可能性は大変低いですが、システムベットをやりすぎて明らかに勝ちすぎると、運営から機械をなどの自動ツールを使って不正をしているのではないかと判断され、自分のアカウントが凍結される可能性もあります。

 

明らかに勝ち方が異常な場合のみ凍結されるようなので、普通にゲームを楽しんでいる場合は考慮する必要はありませんが、超上級者になると自分が勝ちすぎていると感じた時は勝ち方も調整している方も多いです。

 

ボーナス規約の確認

デメリットでも説明しましたが、システムベットによって1回の賭け金上限よりも高額なベットをしてしまう可能性もありますのでボーナスの出金条件を必ず確認する必要があります。

上記写真はベラジョンカジノのボーナス規約です。システムベットをする場合にはボーナス規約を初めに読んで、理解した上で取り入れましょう。

ボーナスを有効に活用することも、オンラインカジノで勝つために必要ですので確認を忘れないようにしましょう。

 

システムベットの種類

ここまでシステムベットの性質と注意点について説明してきましたが、最後に手法を解説します。

システムベットには様々な種類があり、有名な手法を優先的に説明しますのでぜひ活用してみてください。

 

マーチンゲール法

最も有名な方法で、初心者の方は最初に利用している方が多いです。

筆者も始めたてはこのマーチンゲール法から入りました。

 

マーチンゲール法は単純で、負けたら賭け金を前のゲームの2倍にしていく手法です。

賭け金を1ドル開始とすると、賭け金は2、4、8、16、32、64、128のように2倍になっていきます。

 

メリット

・負け続けても1度勝利すればプラスになる

・初心者でも使いやすい

 

デメリット

・自己資金が少額すぎるとゲーム数を追えない(5ドルしか持っていない場合、1ドルの賭け金

スタートで3ゲームまでしか挑戦できない)

・ゲームによって賭け上限がある

・1回のベット額が膨らむと冷静さを欠く可能性がある

 

マーチンゲール法を使用し5ゲーム目で勝利する場合

ゲーム数(回) 勝敗 賭け金(ドル) 総収支(ドル)
1 負け 1 -1
2 負け 2 -3
3 負け 4 -7
4 負け 8 -15
5 勝ち 16 +1

 

Point)賭け金が連続負けをして膨らむ可能性があるので、自分が冷静でいられる金額をベットしましょう。

 

ダランベール法

ダランベール法は前回のベット金額に負けたら+1、勝ったら-1をしていき、0になるまで続けるという手法です。

直近の負け額を取り返す賭け方なので、今までの負けを取り返すものではありませんが負けることを避けられる方法です。

 

メリット

・賭け金が大幅に大きくなりにくい

・計算が単純

 

デメリット

・一気に負けを取り返す方法ではないので大勝ちはない

 

開始金額を10ドル、5ゲームした場合

ゲーム数(回) 勝敗 賭け金(ドル) 総収支(ドル)
1 負け 10 -10
2 負け 11 -21
3 勝ち 10 -11
4 勝ち 9 -2
5 勝ち 8 +6

 

Point)賭け金のスタートを自分なりに調整することで、リスク管理ができます。初めての方は開始金額をなるべく低く設定してみましょう。

 

モンテカルロ法

モンテカルロ法は1,2,3の数字を前回の勝ち負けによって賭け金を変える方法です。

数列を書き出して賭け金を数列に応じて変化させていくため少々複雑ですが、大きく負けることなく利益を取っていける方法ですので、ローリスクミドルリターンでコツコツ増やしたい方に向いている手法です。

 

メリット

・賭け金が少ないので心理的負担が少ない

・一気に大負けしない

・ローリスクミドルリターン

 

デメリット

・計算の手間がかかる

・大勝ちはしない

 

最初の数列を[1,2,3]に設定し、負け→勝ち→勝ちの場合

ゲーム数 数列 勝敗 賭け金(ドル) 総収支(ドル)
1 [1,2,3] 負け 4 -4
2 [1,2,3,4] 勝ち 5 +1
3 [2,3] 勝ち 5 +6
4 [ ] 終了

 

モンテカルロ法の計算方法

1)自分で設定した数列を書き出します。ここでは[1,2,3]とします。

 

[1,2,3]

 

2)書き出した数列のうち、両端を足した金額をベットします。[1,2,3]なので、1+3=4で4ドルをベットします。

 

[1,2,3]→1+3=4、4ドルをベット

 

3-1)負けた場合、前回負けた金額を数列の右端に追加します。4ドル賭けて負けたので、[1,2,3]に4を追加し、[1,2,3,4]となります。

次のベットは両端の1と4を足して5になります。

 

[1,2,3]に4を足す→[1,2,3,4]→1+4=5、5ドルをベット

 

3-2)勝った場合、数列の両端の数字を消していきます。[1,2,3]で勝ったので、1と3を消して[2]のみとなり、足せなくなったので終了するか、数列の中の数値がなくなれば終了です。

 

[1,2,3]から1,3を消す→[2]、2ドルをベットもしくは終了

 

負けた場合は両端を足して再度ベット、勝った場合は両端を消して再度ベットし、数列の中の数字がなくなれば終了です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

システムベットを使用する場合にはシステムベット自体の特徴と注意点を理解しておくことでリスクを抑えながらゲームをすることが可能になります。

手法それぞれで特徴があるため、大きく勝ちたいのか、コツコツ勝ちたいのかで選んでみてもいいのではないでしょうか。

ご自分に合ったシステムベットの手法を選んでゲームを有利に進めて、オンラインカジノを楽しみましょう。

 

→オンラインカジノおすすめサイトはこちら←

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました