勝率99%以上の戦術『マーチンゲール法』を徹底解説!

オンラインカジノ

オンラインカジノには、様々な戦略的ベット方法があります。その中でも、最も有名なのが『マーチンゲール法』です。

 

マーチンゲール法とは簡潔に説明すると、一定の条件が揃うゲームで実践する場合、超高確率で勝利することができるカジノの攻略法です。

 

また、マーチンゲール法は難しい手順は不要で、誰でも利用することができるという魅力もあります。

 

この記事では、そんなマーチンゲール法の特徴や賭け方の手順、メリット・デメリット、弱点を補う方法などを徹底解説していきます!

 

マーチンゲール法とは?

 

『マーチンゲール法』とは、簡潔に説明すると「勝率50%」「配当2倍」のゲームに前回負けた金額の2倍の額をベットしていく攻略法です。

 

マーチンゲール法を使えば、理論上はどんなに負けても、一度勝利するだけでこれまでの負けを全て取り返し、利益を生むことが可能となります。

 

マーチンゲール法のベット手順

 

マーチンゲール法のベット手順は以下の通りです。

 

1.ゲーム選定

 

まずは、どのゲームにベットするかを決定しましょう。

 

ゲームを選ぶ上での条件は、「勝率50%」「配当が2倍」の2点になります。

 

また、詳しい内容は後述しますが、マーチンゲール法の力を存分に発揮するためには「独立事象のゲーム」が好ましいです。

 

中でも、ルーレットは完全に独立事象であり、『赤と黒』『奇数と偶数』『前半と後半』など、配当を2倍にできる賭け方も豊富にあるためおすすめとなります。

 

2.勝敗によって賭け金を変えながらベットを行う

 

ここでは、ルーレットで遊んでいると仮定しながらマーチンゲール法を説明します。

 

まずは、配当が2倍になる賭け方でベットしていきましょう。

 

また、初回賭け金には特に条件はないですが、マーチンゲール法は連敗するごとにベット金額も倍々に増幅していくため、最初は1ドルなどの少額で勝負することを推奨します。

 

ベットが完了しましたら、その後のゲーム結果でベット金額を調整していきましょう。

 

ゲームに勝利した場合は、初回ベット額と同じ額を再度ベットしていきます。(初回で1ドル賭けているならば、もう一度1ドルを賭けるイメージ)

 

ゲームに負けた場合は、次の勝負で負けた金額の2倍をベットです。(1ドル負けたら2ドル、2ドル負けたら4ドル、4ドル負けたら8ドルベットというイメージ)

 

マーチンゲール法では、この2つの手順をひたすら繰り返していきます。

 

ゲーム選びは要注意!独立事象のゲームとは?

 

マーチンゲール法を成功させる上で、ゲーム選びは非常に重要となります。大事なのは、「独立事象のゲーム」を選択することです。

 

たとえば、「勝率50%」「配当が2倍」という条件ならば、一見するとバカラやブラックジャックなどでも成立するように感じますが、実は、バカラやブラックジャックは残りのカードの状況によって次のゲームの勝率が変わる可能性があるため、”独立事象のゲーム”とはいえません。

 

似たような勝率でルーレットがありますが、ルーレットの『赤と黒』『奇数と偶数』『前半と後半』などは前のゲームの結果が次のゲームの結果に影響を与えず「勝率50%」「配当が2倍」となるため”独立事象のゲーム”に該当します。

 

よって、マーチンゲール法を試すならば、バカラやブラックジャックよりもルーレットのほうがおすすめとなります。

 

マーチンゲール法のメリット

 

マーチンゲール法には、以下のようなメリットがあります。

 

ルールがシンプルで初心者でも実践できる

 

基本的に、マーチンゲール法に難しい手順は必要ありません。

 

ゲーム選びさえ正しければ、あとは「負けたら倍プッシュ」を繰り返すだけです。

 

ルールがシンプルであるため、初心者でもすぐに実践することが可能となっています。

 

圧倒的に勝率が高い

 

マーチンゲール法を使うと、圧倒的に勝率を上げることが可能となります。

 

仮に勝率50%のゲームで10回マーチンゲールを行った場合、理論上の勝率は”99.9%以上”にものぼります。

 

その効力の高さはあまりにも有名であり、中には禁止しているカジノがあるほどです。

 

一度勝利するだけで全ての損失を取り戻すことができる

 

マーチンゲール法は、何度負けても”一度勝利するだけで全ての負けを取り戻すことが可能”となる攻略法です。

 

長くカジノをプレイしていると、どうしても連敗してしまうことがありますが、マーチンゲール法を実践していれば一度勝つだけで全ての損失を取り返し、一気にプラスに転じることができます。

 

マーチンゲール法のデメリット

 

隙の無い攻略法に感じるマーチンゲール法ですが、残念ながら以下のようなデメリットもあります。

 

重要なポイントとなるため、実践する前にしっかりと確認しておきましょう。

 

利益が膨らみにくい

 

一回の勝負の勝率が非常に高いマーチンゲール法ですが、一方で「利益が膨らみにくい」というデメリットも存在します。

 

賭け金はユーザーの自由に設定できますが、マーチンゲール法は倍々ゲームになるため、初回ベット額を高くすればその分連敗した時のリスクも高まります。

 

たとえば、初回ベット額を1ドルで勝負しても、10連敗すれば512ドル、20連敗すれば524,288ドルにも賭け金は膨れ上がるのです。

 

ちなみに過去には、1913年にモナコのカジノで26回連続「黒」が出現したという記録もあります。

 

それほどカジノでは想定外のことが起こりえるということです。

 

堅実に増やすことはできますが、「一発で大きく稼ぎたい!」という方には向きません。

 

想像以上の軍資金が必要となるケースがある

 

マーチンゲール法は、自分の資金との勝負でもあります。

 

資金が潤沢にある場合、何連敗したとしても勝つまでベットを続けることが可能です。

 

しかし資金が少ないと、想定外の連敗を重ねたときに資金が枯渇し、耐え切れなくなってしまう可能性があります。

 

ちなみに、50%を10回連続で外す確率は「0.09765625%」であるため、めったに起きることではありません。

 

ですが、万が一負け続けた場合には、初回1ドルの賭け金でスタートしたとしても10連敗で512ドルの損失となります。

 

よって、軍資金を500ドルも持っていないユーザーは、この薄い確率を引き、いきなり10連敗をするような場合は即退場というケースもあるのです。

 

様々な事態に柔軟に対応するためにも、できるだけ資金は多めに準備しておきましょう。

 

連敗時の心理的ストレスが大きい

 

ベット額が倍々で増えていくマーチンゲール法は、連敗時の心理的ストレスが半端じゃありません。

 

初回ベット額が1ドルでも、8連敗で128ドルまでベット額は上昇します。さらに、これで負ければまた2倍になるのですから、連敗中は気が気ではありません。

 

準備する資金にもよりますが、ある程度は「何連敗まで」と自分の中で撤退ラインを決めておくといいでしょう。

 

テーブルリミットに要注意

 

マーチンゲール法を実践する場合、「テーブルリミット」の存在を留意しておく必要があります。

 

ベットリミットとはその名の通り、そのテーブルに設定してある賭け金の上限です。

 

仮に、テーブルのリミットが「300ドルまで」となっているならば、そのテーブルでは一回で300ドルまでしか賭けることができません。

 

マーチンゲール法は、1ドルでスタートしたとしても9連敗すると賭け金が512ドルにも達してしまうため、テーブルリミットがあると不利に働いてしまう可能性があります。

 

オンラインカジノにはテーブルリミットが100~200ドル程度に制限されているケースも多いため、ゲーム選択を行う際にはしっかりと確認しましょう。

 

マーチンゲール法の成功率を上げるための対策

 

マーチンゲール法は素晴らしい攻略法ですが、残念ながら「大勝ちしにくい」という欠点もあります。

 

そこで、別の攻略法と合わせて実践することで、マーチンゲール法の弱点を緩和することが可能となります。

 

その攻略法とは『パーレー法』です。

 

ここでは、そのパーレー法と複合させた賭け方などをご紹介していきます。

 

パーレー法

 

『パーレー法』とは、少ない投資額でも大勝ちを狙うことが可能となる攻略法です。また、その手順から「逆マーチンゲール法」とも呼ばれています。

 

賭け方も非常にシンプルです。

 

まずは、「勝率50%」「配当2倍」のゲームを選択し(ルーレット推奨)、ベットを行います。

 

賭け金は自由に設定が可能であり、ゲームに勝てば次ゲームに前回賭けた2倍の金額をベット、負けたら最初に賭けたベット額に戻すという手順を繰り返します。

 

初回ベット額が1ドルであったとしても、パーレー法を実践すれば4連勝するだけで「15ドル」の利益を確保することが可能です。

 

パーレー法のメリットは、少ない資金でも多額の勝利金を勝ち取ることができる点です。

 

しかし一方で、一敗でもすると積み上げてきた勝利金が0になってしまうというリスクもあります。

 

マーチンゲール法と同様、メリット・デメリットがはっきりとしている攻略法です。

 

マーチンゲール法とパーレー法を複合して弱点を緩和する

 

マーチンゲール法には「大勝ちしにくい」、パーレー法には「一回の負けで損失を生んでしまう」という弱点がそれぞれにあります。

 

しかし、「マーチンゲール法× パーレー法」を組み合わせたベット方法を実践することで、お互いの弱点を補うことが可能となります。

 

その複合ベットの手順は以下の通りです。

 

1.「勝率50%」「配当が2倍」のゲームを選択します(ここではルーレットを選択)

 

2.ルーレットの赤に1ドルをベットします(勝率50%、配当が2倍ならば何でもOK)

 

3-1.ゲームに勝利した場合、パーレー法を発動し、次の勝負ではベット額を倍にします

 

3-2.ゲームに負けた場合マーチンゲール法に切り替え、勝利するまでベット額を倍にします

 

※ここでは1ドルをベットと仮定、初回ベット額は自由に設定可能

※3-2で取り返したら2に戻り繰り返す

 

このベット方法は、まずはパーレー法で攻めていきます。連勝できれば、倍々で大量勝利金を手にすることが可能です。

 

ただし、一回負ければせっかく連勝で獲得した勝利金も失ってしまうため、予め「〇連勝したら一旦やめてリセットする」とラインを決めておくと勝率が安定するのでおすすめです。

 

もし負けたとしてもマーチンゲール法に切り替えることで、高確率でパーレー法の損失を取り戻すことができます。

 

この賭け方ならば爆発力に欠けるマーチンゲール法をパーレー法で補い、またマーチンゲール法を使えばパーレー法で発生する損失を補うことができるようになります。

 

まとめ

 

マーチンゲール法は、ライブカジノやテーブルゲームを好む方に特に推奨したい攻略法です。

 

理論上は「負けることがない」ともいわれるマーチンゲール法を活用すれば、勝率が飛躍的に上昇する可能性があります。

 

また、マーチンゲール法だけでなく、パーレー法も合わせて使えばさらに強力な戦略的ベット方法となるでしょう。

 

「オンラインカジノの勝ち方がわからない」「攻略法を試してみたい」などという方は、是非とも実践してみてください!

 

→オンラインカジノおすすめサイトはこちら←

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました